競売で処分される前にできることがあります

住まいのローン返済が滞ると、最終的にその住まいは差し押さえになり、競売で処分されることになります。
そして売れた分のお金は返済にまわされます。
競売にかけられると、自分で物件を売るより安い金額で手放すこととなり、明け渡さなければいけなくなります。
また、競売の情報は公開されるため、まわりにバレてしまう恐れがあります。
競売にかけてもなお、完済することができなければ、残りの分は借金として払っていかなければいけません。

このような事態を招く前に、できれば返済が滞るようになる前に、不動産会社に査定依頼を出しましょう。
競売での処分価格に比べて高値で住まいを売却できる可能性は高く、残りのローンをそれだけ縮小させることが可能です。
ウェブサイトの不動産売却のカウンセラー(ホームページはこちら)では、厳選された優良企業が多数登録されている、無料で利用可能な不動産売却の一括査定サイトの情報が掲載されています。
収入が減るなど、雲行きが怪しくなってきたなと思った時点で行動に出ることをおすすめします。

また、返済が滞り競売開始が決まると、裁判所より通知が送られてきます。
ただ開札費まで約半年間は、任意売却という方法を選択することが可能で、任売ともいわれています。
任売は売ったあともローンが残る物件を、金融機関の合意を得て売る方法です。
競売より高値で売却が可能であり、引越し費用の交渉をすることも可能です。
相談は任売を取り扱っている不動産の仲介業者で受け付けています。