子どもの将来を守るためにも自転車保険は必要です

どんなに注意をしていても事故は起こってしまいます。
自転車が加害者になるニュースを目にし、自転車も車同様に走る凶器になることと、その際の保障金額の多さに驚きました。
そこで、娘には小学校入学を機に自転車保険に加入させました。
もし、娘が加害者になれば、相手にしっかりとした補償をするのはもちろんですが、金銭的な理由で子供の将来が閉ざされるきっかけにもなるのではないかと考えたからです。
私が選んだのは単体ではなく今までの子供向け保険に数百円足すことで補償が受けられるものです。
それでも、高額の賠償命令に対応でき、死亡・後遺症害保険金は300万円以上といった充実の内容でした。
また示談交渉もしてもらえるので、万が一の際は金銭面の心配はしなくと良いと感じました。
自転車保険は意外と安いことに驚いた私はまだ補助輪をつけている息子にも加入させました。
初めての保険だったので、単体で加入したのですが数百円の保険料に割増しすると日常のケガも保障されるプランがありそれを選びました。
また、こちらには示談交渉サービスも付いていて非常に心強く感じました。
自転車の所有者に自転車保険の加入を義務つけている自治体もあります。
それほど大切なものなのです。
もっと多くの人に利用してもらいたい保険です。