身体の一部としての毛髪と育毛で長く付き合うには

増毛やウィッグなど薄毛に関する対処法がいろいろあるなかで、育毛というのは正攻法という気がして気持ちがいいです。増毛、植毛などの外科的な方法は、なぜか持続する気がなかなかしなくて(最近の技術はたしかだという話ですが、個人的な見解です)、あまり実践しようという気になりません。育毛の悩みが頭をよぎったらこちらが助けになります。それに比べ「育毛」と聞くと、自分の「毛を育てる」という実感があり、自然な感じがして信頼できる気がします。昔の人の寿命は60歳程度だったそうですから、折り返し地点の30歳台というのはやっぱり身体を気遣って、髪の毛もいたわってあげなくてはいけないようです。このサイトで、育毛法や髪の毛に関する知識のあれこれを仕入れたので、自分の身体の一部としての頭髪ときちんと向き合っていきたいと思います。