インターネット広告へ・・・変わりゆく広告媒体

今まで広告といえば新聞・ラジオ・テレビ、そして街頭といったものがほとんどでした。
そこにインターネットの普及にともなってインターネット広告が登場しました。
インターネットサイトではより趣味趣向の強い人たちが閲覧することになります。
その趣味趣向にあった広告を載せることでより広告収入をアップすることも可能となります。
また、インターネット広告は従来の広告とは少し違う要素があります。
たとえば、アフィリエイトとしてサイトを持っている個人が広告を載せて広告収入を得ることができるようになりました。
その場合、ただ広告を載せるのではなく、サイトから広告サイトへ閲覧されたり利用されたりしたら収入を得るようなシステムになっています。